Backup diff of Classes vs current(No. 59)


  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
#br
*講義資料 [#ccfd40e8]
*講義関連情報 [#g721f662]
#br
 平成27年度(2015年度)の担当科目は以下の通りです.

- ''前期''
-- 地球環境論(学部1年,金曜2限)
-- 実験及び安全指導(学部3年,分担,火曜3・4限)
-- 沿岸の環境と防災(修士課程,金曜4限)
-- 先端融合科学特論I & II(修士課程・博士課程,分担,集中講義)
-- 広域流体運動論(博士課程,水曜2限)

- ''後期''
-- 海岸・港湾工学(学部3年,水曜4限)
-- 創造思考ゼミナールII(学部3年,分担,水曜3限)

#br
**2015年度(2015年4月〜2016年3月) [#xbadce47]
**2022年度の担当科目 [#xc2dbb3d]
#br

#br
- 海岸・港湾工学(学部3年,後期水曜4限)
--講義室はLR-202.
--''【注】'' 4-5限の連続授業が4回あります:10/14, 10/21, 11/18, 11/25.
--%%中間試験:11/4(4限)%%
--期末試験:12/9(4限)
--[[ガイダンス資料(10/07/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/coastal_guidance.pdf]]
--[[プロジェクト紹介その1:ワイキキ(10/07/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/cape_waikiki.pdf]]
--[[プロジェクト紹介その2:舞子海岸(11/18/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/cape_maiko.pdf]]
--[[プロジェクト紹介その3:鳥取の海岸(11/25/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/cape_tottori.pdf]]
--資料PDF用パスワードは講義で配布したガイダンス資料に記載しています.
- 講義情報や資料は2021年度からBEEFへ完全移行しました.履修者はBEEFの各講義のページを参照して下さい.


#br
- 創造思考ゼミナールII(学部3年,後期水曜3限)
//--実習室は特記なき限り1W-205研究室.
//--[[ガイダンス資料(10/08/2014):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2014/seminar2_guidance.pdf]]

--【参考】 昨年度履修生の論文(1/20/2015初出)
---[[麻生 勇人:南海・東南海・東海三連動地震による津波に関する研究>http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2014/sozo2014_aso.pdf]]
---[[伊藤 真司:1997 年ナホトカ号重油流出事故に伴う日本海沿岸海洋汚染に関する研究>http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2014/sozo2014_ito.pdf]]
---[[小谷 瑳千花:1960 年に発生したチリ地震による遠地津波について>http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2014/sozo2014_odani.pdf]]
---[[黒田 泰介:伊勢湾の流動構造と河川出水の影響に関する研究>http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2014/sozo2014_kuroda.pdf]]
---[[酒井 城:オーストラリア東海岸におけるスキューバダイビングの適地評価>http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2014/sozo2014_sakai.pdf]]
---[[嶋田 倫昌:東日本大震災津波の再解析と内湾への影響評価>http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2014/sozo2014_shimada.pdf]]

--''今年度のテーマ'' (11/11/2015)
---''上原 拓真'':2004年スマトラ島沖地震に伴うインド洋津波による広域災害 ([[断層パラメータ>https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=5&ved=0CDoQFjAEahUKEwibpbKrhJnJAhUBhqYKHR43As0&url=http%3A%2F%2Fkuir.jm.kansai-u.ac.jp%2Fdspace%2Fbitstream%2F10112%2F3766%2F1%2FKU-1100-KAWATA-348.pdf&usg=AFQjCNFZxcFFjX1zdSQ4HHdjEEuyGZqfCg&sig2=y0KfAK8reseWJF7isMRaqw]])
---''岡田 信瑛'':1934年室戸台風による大阪湾の高潮災害の再解析
---''阪口 詩乃'':1960年チリ津波地震による遠隔津波災害
---''泊 将史'':2013年台風Haiyanによるフィリピン・レイテ島周辺の高潮災害
---''古田 隆則'':複数の台風シナリオに基づく大阪湾における高潮災害の比較研究
---''吉井 純貴'':南海・東南海・東海三連動地震による巨大津波に伴う広域災害

**1Q [#v48ea959]
#br
-----
#br
- 地球環境論(学部1年,前期金曜2限)
- 市民工学概論(学部1年,1Q金曜1-2限)
- 市民工学のための技術者倫理(学部4年,集中講義+演習)
- 実験及び安全指導I(学部3年,1Q火曜3-4限)

--[[地球環境論ガイダンス資料(04/10/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth_guidance.pdf]]
--[[グループワーク説明資料(05/08/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/groupwork2015.pdf]]・[[班分け表(認証付):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/group_list.pdf]]
--[[地球環境論第1章(04/10/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth01.pdf]]
--[[地球環境論第2章(04/24/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth02.pdf]]
--[[地球環境論第3章(05/01/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth03.pdf]]
--[[地球環境論第4章(05/29/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth04.pdf]]
--[[地球環境論第5章(06/19/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth05.pdf]]
--[[地球環境論第6章(06/26/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth06.pdf]]
--[[地球環境論第7章(07/03/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth07.pdf]]
--[[地球環境論第8章(07/17/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/earth08.pdf]]
-- %%休講(7/17/2015):暴風警報発令のため.%%
-- %%期末試験(7/24/2015)%%
-- %%補講(7/31/2015)%%


#br
- 実験及び安全指導(学部3年,前期火曜3-4限)
--水圏環境実験室1(1W-G08)にて実施します.
--水理3の実施日は,6/16(1班),6/30(3班),7/14(2班)の3回です.
--水理3のテーマとTAは以下の通りです.
--- 層流と乱流:鈴江(内山研)
--- 管路の抵抗則:村西(大石研)
--- 規則波の性質:多田(内山研)

**2Q [#ia3d6927]
#br
- 沿岸の環境と防災(大学院修士課程,前期金曜4限)
--[[沿岸の環境と防災ガイダンス資料(04/10/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/cedp_guidance.pdf]]
--[[第1部:回転系での流体力学の基礎理論(4/10/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/CEDP01.pdf]]
--[[第2部:エクマン境界層理論と風成循環(4/24/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/CEDP02.pdf]]
--[[第3部:密度成層流体の力学(5/29/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/CEDP03.pdf]]
--[[第4部:回転成層流体の力学(6/19/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/CEDP04.pdf]]
-- [[演習課題(6/26/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/enshu_cedp2015.pdf]]
-- %%最終レポート締切(7/31午後5時)%%
- 地球環境論(学部1年,2Q金曜2限)
- 創造思考ゼミナールIIA(学部3年,2Q火曜4限)
- 実験及び安全指導II(学部3年,2Q水曜3-4限)
- 沿岸海洋学/Coastal Oceanography(修士課程,2Q木曜1-2限)
- 先端融合科学特論B(工学5)(修士課程,2Q集中講義)
- 広域流体運動論/Geophysical Fluid Dynamics(博士課程,2Q水曜1-2限)

#br
- 先端融合科学特論I & II(大学院修士課程・博士課程,8/10-12集中講義)
-- 「沿岸災害/大規模海洋シミュレーション」講義日:8/11(月)
-- [[レポート採点結果(8/24/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/rep_scores_uchiyama2015.pdf]]
-- [[川柳コンテスト結果発表(8/24/2015):http://coast.dce.kobe-u.ac.jp/uchiyama/class2015/senryu2015.pdf]]

**3Q [#n9151269]
#br
- 広域流体運動論:Geophysical Fluid Dynamics (Ph.D, Wed 3rd period, English)
-- 5/11: Introduction
-- 5/18: Presentation of the past/current research activities
-- 6/10,17,24, 7/15,22,29, 8/19,26: Lecture series on geophysical fluid dynamics
-- 7/1,8: Journal club (1)
-- 7/29, 8/5,12: Journal club (2)
- 創造思考ゼミナールIIB(学部3年,3Q水曜3限)

#br
**2016年度予定 [#qbb03707]
**4Q [#k4c2c2b4]
#br
- 海岸・港湾工学(学部3年,4Q月曜3−4限)

- ''前期''
-- 地球環境論(学部1年,2Q金曜2限,5限)
-- 沿岸の環境と防災(修士課程,2Q木曜1-2限)
-- 広域流体運動論(博士課程,2Q水曜1-2限)
-- 市民工学概論(学部1年,分担,1Q金2限)
-- 創造思考ゼミナールI(学部1年,分担,2Q金曜3-4限)
-- 実験及び安全指導(学部3年,分担,火曜3-4限)

- ''後期''
-- 海岸・港湾工学(学部3年,水曜4限)


#br
**過去の講義資料 [#ndae3e92]
#br
-[[2011年度>Classes/Classes_2011]]
-[[2012年度>Classes/Classes_2012]]
-[[2013年度>Classes/Classes_2013]]
-[[2014年度>Classes/Classes_2014]]
-[[市民工学キャリアッププログラム(2012-2014)>CareerUp]]
-[[2015年度>Classes/Classes_2015]]
-[[2016年度>Classes/Classes_2016]]
-[[2017年度>Classes/Classes_2017]]
-[[2018年度>Classes/Classes_2018]]
-[[2019年度>Classes/Classes_2019]]
-[[2020年度>Classes/Classes_2020]]
-[[2021年度>Classes/Classes_2021]]
-[[市民工学キャリアッププログラム(2012-2014)>CareerUp]]:終了しました.



#br

#br
--------
RIGHT:Updated on &lastmod;